近年の軽自動車

コンパクトではあるけど、室内は広々、低燃費で、快適な走りで高速道路も問題なし、しかもデザインがカワイイ系からカッコイイ系まであって、普通乗用車に比べると価格は安い。近年の軽自動車の人気が高くなるのは当り前ですね。

 

小回りが効く軽自動車は日本の道路にピッタリなのです。その上税金も安く、コストパフォーマンスに優れているのも人気の大きなポイントです。

 

軽自動車はスズキ、ダイハツ、ホンダ、三菱のメーカーだけが製造しています。マツダとスバルは昔は製造していたのですが、今はOEM供給によって販売しています。

 

今まで一度も軽自動車を生産したことがないというのが、日産とトヨタです。それが、近年の軽自動車人気にあやかろうと、OEM供給による販売をしています。

 

となると軽自動車は老舗のスズキとダイハツを外しては考えられないということになります。
スズキとダイハツは長年ライバル関係にあり、発売する軽自動車も似通ったものが多くあります。スズキのワゴンRとダイハツのムーヴなどは常に人気のトップ争いをしています。